入間で腰痛・肩こりでお悩みの方はりんでんマピニ指圧治療院へ

首・肩凝りについては、他にも書いてあるようにいろりろ原因はあります。その中でも意外と気づいて

いないのが、奥歯を噛みしめていることです。歯科衛生士さんにお聞きしたところ、歯と歯を軽く

合わせるだけでも、負担になるそうです。詳しい数値は忘れましたが、ですから、噛みしめると

かなりの負担になるわけです。首・肩凝りの患者様が咬筋(顔にあり奥歯のある当たり)の硬い方が

多いです。噛みしめの原因は、精神的・肉体的ストレスが原因と言われています。

酷くなると、歯がすり減る、折れる、しみる、痛む、歯茎が下がる、顎関節痛、口腔内だけではなく、

身体全体に不調が起こります。頭痛、肩凝り、首凝り腰痛などにも及びます。

一度、歯医者さんで噛み合わせを調べてもうらうことも大切です。実は私もその1人です。年々歯茎が

下がり、しみるようになったので、歯医者さんに行き歯槽膿漏を調べてもらっても、問題はありません

でした。指摘されたのが噛みしめにより、歯がすり減って、歯茎が下がっていました。

勿論、私も首・肩凝りがあります。咬筋も施術しますと、首の筋肉が緩みやすくなります。

日常生活では、歯と歯を合わせないようにすることが大切です。深呼吸をしたり、緊張しないように

しましょう。口が開いてしまう方は、舌を上顎につけておくとよいそうです。